ホーム > プレスリリース >
2006年 3月24日
株式会社ニューズウォッチ

ヤフー株式会社と株式会社ニューズウォッチの事業並びに資本提携について

株式会社ニューズウォッチは、ヤフー株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:井上雅博、以下「ヤフー」)と事業並びに資本提携を行いました。当社はヤフーの連結子会社・株式会社東芝(本社:東京都港区、代表執行役社長:西田厚聰、以下「東芝」)の関係会社として、ニュース配信・情報検索に関連する新規事業を、両社と協力しながら展開いたします。

1. 本提携の狙い

 

(1)

ニューズウォッチ技術を活用したYahoo!ニュースのサービス拡張 ニューズウォッチのリアルタイムフィルタリング&検索技術により、ヤフーのネット事業資産である各種コンテンツを細分化したトピックに分類や、異なったコンテンツを関連付けることによりユーザーの細分化された情報ニーズにこたえ、Yahoo!ニュースのPVアップ、広告売上アップ、ユーザビリティアップを実現する。

 

(2)

Yahoo!ニュースとフレッシュアイの連携による収益拡大 ヤフーニュースとニューズウォッチの個人向けニュース配信サイト「フレッシュアイNews Watch」の連携により、より幅広いサービスを実現し、トラフィック滞留増と共同広告展開とを図る。

 

2. 今後のニューズウォッチ、ヤフー、東芝の役割分担

 

(1)

ニューズウォッチは、保有している言語処理技術を用いたソリューションの提供。

 

(2)

ヤフーは、Yahoo!ニュースを通じた、ユーザアクセスの提供と広告営業力でニューズウォッチを支援。

 

(3)

東芝は、ニューズウォッチの中核技術開発に関するエンジニアリングリソースを提供。

 

3. 相互のメリット

 

(1)

ニューズウォッチは、自社が運営する「フレッシュアイ」へのアクセス増加と、それに伴う収益増、ヤフーへの技術提供を通じた収益拡大を図る。

 

(2)

ヤフーは、ニューズウォッチ言語処理技術を活用してニュースサービスの強化を図る。

 

(3)

東芝は、自社の自然言語処理技術の強化を本共同事業にて行う。また、これまでインキュベートしてきた技術・事業をより大きな形で展開する機会を得る。

 

4. その他

 

ニューズウォッチの現行サービスである、法人向けニュースサービス、サイトナビに関しても、従来どおりのブランドにて、営業活動を継続し、売上拡大を目指します。 また、従来ご契約を頂いている各種新聞社様とも、これまで以上に密接な関係を構築していく予定です。

株式会社ニューズウォッチ

[英文社名]

NEWSWATCH,INC

[主な事業内容]

自然言語処理技術を活かしての法人向けニュースサービス、サイト内検索ASP、フレッシュアイの運営、その他各種ASPサービス

[本社所在地]

〒104-0061 東京都中央区銀座5−2−1銀座東芝ビル8F

会社案内 個人情報保護方針プレスリリースお知らせサービススケジュールテクノロジービジネスパートナーお問い合わせ人材募集
※ニューズウォッチは著作権の取扱い等に関しての契約を締結した媒体各社様の記事をユーザに提供しています。
※各ページに掲載している文章・画像の無断転載を禁じます。すべての著作権は株式会社ニューズウォッチに帰属します。
※Internet Explorer 6, Netscape 6 以上で御覧下さい。